商品紹介ブログ閲覧後、50%が商品検索、16%は店舗へ、CA子会社調査

http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20090831/177685/
ブログ利用者の90%は企業の商品を紹介する記事を閲覧した経験があり、そのうち53.0%は閲覧後に商品のWebサイトを訪れ、50.9%は商品をインターネットで検索した。商品が気になり店舗まで行ったという利用者も15.7%いた。実際に商品を購入したという人は34.9%。購入したあとその商品について友人に話したり自分のブログで紹介したりした割合は22.9%。

 

[トシ]購入したあとその商品について話したり紹介する、という割合が結構多いように思います。1人だけに紹介する訳ではないから、良いものを売れば良い結果、良くないものを売れば良くない結果。Webによるコミュニケーションが発達すればするほど、王道の経営がますます大切。