「スマートグリッド」が米国を救う。シリコンバレーが支えるエネルギー政策

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000003-bcn-sci
火力・水力・原子力発電に加え、風力・地熱・ソーラーなど、多様化する供給源。
一方で家庭や事務所、工場、EV(電気自動車)などの消費を総合的に
コントロールすることは容易ではない。ITを用いたグリッド制御で
これらすべてのエネルギーの供給と消費の最大効率化を目指す。
それが「スマートグリッド計画」である。
スマートグリッドの実現化にはGE、オラクル、シスコ、グーグルなどのほか
連邦政府や州、そしてEV企業の参加も決まった。

[トシ]もの凄いエコな感じがしますね。どんどんこういう取り組みが増えると良いな。